産み分けゼリーはどこで買える?通販で人気の3商品をご紹介!

産み分けゼリーはどこで買える?通販で人気の3商品をご紹介!

産み分けゼリーどこで買える,産み分けゼリー,どこで買える,通販
産み分けをしたいと思ったことはありませんか?

 

もちろん男の子でも女の子でもこどもはかわいいです。
でも、やはり男の子はひとりはほしいとか、2人目はおんなのこがいいとか希望の性別ってありますよね。

 

 

そういう方のために、「産み分けゼリー」を使った男の子と女の子の産み分けの方法についてご説明したいと思います。

 

 

産み分けゼリーとは

 

産み分けゼリーとは、性交渉するときに使用する潤滑ゼリーです。

 

この産み分けゼリーを使うことによって希望する性別の赤ちゃんを授かる確率を高めることができると言われています。
最近では、産院で取り扱っているところもあります。

 

産み分けが成功する確率については、残念ながら100%ではありません。
約70〜80%だそうです。
それでも、産み分けを希望するのであれば、少しでも確率があがったほうがいいと思うので産み分けゼリーをつかうことをお勧めしています。。

 

 

 

産み分けゼリーの仕組み

 

 

赤ちゃんの性別は、男性側の精子の染色体によって男の子か女の子か決まります。

 

精子の染色体には「Y染色体」と「X染色体」の2種類があります。
Y染色体をもつ精子(Y精子)が卵子と受精すると男の子になり、X染色体をもつ精子(X精子)が受精すると女の子になります。

 

つまり、精子と卵子が受精したときにはすでに性別が決まっているというわけです。
産み分けをするには、どちらの染色体を持つ精子と受精させるかということが大切になってきます。

 

そこで、産み分けゼリーを利用することによって、X精子とY精子の特性を利用してどちらかを受精しやすくさせることができます。

 

男の子:Y精子はアルカリ性に強く、酸に弱い
女の子:X精子は酸性に強く、アルカリ性に弱い

 

性交渉をするときに、産み分けゼリーで女性の腟内を酸性かアルカリ性かに調整すれば、男の子と女の子の産み分けの確率を高めることができます。

 

男の子がほしい場合は「グリーンゼリー」を使って腟内をアルカリ性に、逆に女の子がほしい場合は「ピンクゼリー」を使って腟内を酸性にします。

 

 

産み分けゼリーにもさまざまな種類があり、価格もいろいろです。
「回数使うから安いほうがいいわ」
なんて選び方していませんか?

 

産み分けゼリーは女性の体の中に入れるものであり、赤ちゃんにも影響があるかもしれません。
だからこそ、いいものを選ぶ必要があります。

 

ここからは、産み分けゼリーの選び方について書いていきたいと思います。

 

 

産み分けゼリーの選び方

 

日本製を選ぶ

 

まず、産み分けゼリーを選ぶときに重要になるのは「安全な産み分けゼリーであるかどうか」です。
産み分けゼリーは女性の膣内に入れて使うものです。
なので女性の健康面への影響も心配です。
また、産まれてくる赤ちゃんになにか影響があったら大変です。

 

そういったことから、安全性の高い日本製のものを選んでください。
また、膣内にいれるゼリーが日本製なのはもちろんですが、できればシリンジも日本製だとより安心ですよね。

 

 

使い方が簡単なものを選ぶ

 

産み分けゼリーを膣内に注入するときには次のような手順を踏みます。

 

1.ゼリーが入ったシリンジを膣に挿入する。
2.タンポンを入れるときのようにピストンを押し、中のゼリーを膣内に出す。
3.シリンジを膣から引き抜く。

 

とても簡単ですよね!

 

しかし、実は、産み分けゼリーには個別容器にもともと入っているタイプと別々になっているタイプがあります。
なので、製品によっては膣に注入する前に「注射器のような容器に産み分けゼリーをつめる」という作業が必要になります。

 

産み分けゼリーを膣に注入するタイミングは性交渉で射精する前の段階が理想的です。

 

別々になっているタイプの場合、産み分けゼリーの分量が調整できるというメリットがあります。(日本人含むアジア人の膣の場合4〜6mlが最適といわれています)

 

でも、性交渉の途中で容器に詰めなおす作業をすると、気分が盛り下がってしまうかも。
もともと準備をしておくにしても手間が面倒ですよね。

 

個別容器にもともと入っているタイプですと、封入前には当然殺菌された状態になっているため衛生的です。
また、パッケージから取り出すだけで上記の手順を踏むことができますので数十秒で産み分けの準備を終えることができるのです。

 

しかし、このタイプの産み分けゼリーは1回使うごとに捨てる『使い捨てタイプ』になりますので、容器につめなおすタイプよりも1回あたりのお値段が少々高くなってしまうこともあります。

 

さて、それでは産み分けゼリーはどこで買えるのでしょうか?

 

まず、病院で購入することができます。
ただ、どこの病院でも扱っているわけではありません。
産み分けを命の選別だと嫌う病院もあるので、産み分けについて理解のある病院にしかおいていません。
そうなると、購入できる病院を探すのに手間がかかります。

 

そこで、最も手っ取り早く手に入れる方法は、通販です。
産み分けゼリーの通販はたくさんの商品があります。
そのなかでも3つの人気の商品をご紹介したいと思います。

 

 

おすすめの産み分けゼリー

 

ハローベビー潤滑ゼリー

日本製
使い捨てタイプ
湯煎不要
1セット7本入り:12,800円
2セット(10%off):23,040円(1つ11,520円)
3セット(15%off):32,640円(1つ10,880円)

 

産み分けゼリーどこで買える,産み分けゼリー,どこで買える,通販

 

ベイビーサポート

日本製(箱、容器も日本製)
使い捨てタイプ
湯煎不要
妊娠すると残ったゼリーの買い取りキャッシュバックがある
1セット7本入り:13,800円
2セット(20%off):22,080円(1つ11,040円)
3セット(30%off):28,980円(1つ9,660円)

 

産み分けゼリーどこで買える,産み分けゼリー,どこで買える,通販

 

ピンクゼリー

女の子の産み分けに特化
日本製
使い捨てタイプ
湯煎不要
妊娠すると残ったゼリーの買い取りキャッシュバックがある
セットで購入すると葉酸サプリがついてくる
1セット10本入り:14,800円
2セット:26,600円(1つ13,300円)
3セット:38,400円(1つ19,200円)

 

産み分けゼリーどこで買える,産み分けゼリー,どこで買える,通販

 

まとめ

 

3つのおすすめ産み分けゼリーを紹介させてもらいました。

 

女の子を希望しているのであれば、ピンクゼリーがおすすめです。
使いやすく、価格も10本入りでセットで買えば葉酸サプリもついてくるのでお買い得だと思います。
また、妊娠すれば残ったゼリーを買い取ってくれるサービスもいいですよね。

 

男の子を希望しているのであれば、ハローベビー潤滑ゼリーもベイビーサポートどちらもおすすめです。
価格でいうとベイビーサポートのほうが少しお買い得ですね。